何に使うかが重要!パソコンを選ぶ基準とは?

用途を決めないと中途半端な性能のパソコンを買って後悔する

パソコンを買う場合は、最初に利用目的を決めましょう。漠然と、周囲の人が持っているから自分も買おうという決め方をすると、パソコンにある程度慣れたとき、用途とパソコンのスペックが合わずに苦労させられる場合があるからです。
利用目的は本格的なものでなくても構いません。たとえば、インターネットとメールをやりたいというものでも、十分用途になります。では、ネットとメールをやるためにはどのようなパソコンを買えばいいのかというと、市販されているメーカーのパソコンの中で、もっとも安い価格帯のものでも大丈夫です。というのは、ネットとメールをするためにはそれほどパソコンの性能は必要がないからです。中古パソコンでも、よほど古いものでなければ問題ありません。

ゲームのためにパソコンを買う場合に重要なポイント

では、もう少し専門的な利用目的を考えている場合はどのように選べばいいのでしょうか。たとえば、ゲームをプレイしたいという場合ですが、最新のゲームを高い解像度でなめらかに動かすためにはかなりのスペックが必要です。もっとも重要になるパーツはCPUとグラフィックボードなので、この二つが強化されているパソコンを選ぶようにしましょう。
また、パソコンにインストールされているOSには32bit版と64bit版がありますが、32bit版のOSの場合、搭載できるメモリの容量が最大4GBまでであり、ゲームをなめらかに動作させるためには少し足りない可能性があるので、4GB以上のメモリを動かせる64bit版のOSがインストールされている方を選んだ方がいいです。

© Copyright Edition Computers. All Rights Reserved.